旦那の口癖と義父母の口癖

こんにちは、清美です。暑い日々が続きますが、東北地方は旦那と私が出会った埼玉よりは全然涼しく感じます。特にうちは立地にも恵まれているので、夏はそれほど怖くありません。冬は…激寒ですけどね。

今日はちょっとした日記を。旦那と付き合い始めてからずっと気に入っている口癖があります。それが、「まいっか」口癖。人によっては楽観的過ぎて嫌いという人もいるかもしれませんし、前向きでいい口グセだなって思う人もいるかもしれませんが、私は結構ネガティブ思考なところがあるので、旦那に「まいっか」と言ってもらえるとなんか救われた気分になります。

この前も、久しぶりに山形城跡にちょっとしたお出かけをしたのですが、その時に私が飲み物を入れた水筒を忘れちゃったんですね。その時にも旦那が「まいっか」って言ってくれてなんだが助かりました。ちなみに、義父母は私が何か粗相をすると「まいっか」って言ってくれます。いい意味で蛙の子は蛙ですね。こうゆうポジティブなところを旦那と義夫母から見習っていければいいなと思います。

ただ、最近気になるのは、旦那の口癖に「車売りたいなー」が加わったこと。わかりやすい口癖ではあるのですが、どうやら今の義父の車を売りたいそうです。義父はまだまだ使えるからいいよと言うのですが、旦那は今のオンボロ車を売って新しい車をプレゼントしたいそうです。私もそれには賛成なのですが、義父は頑固な人なので説得は難しいかもしれません…

清美、日記を始めます

はじめまして。山形の片田舎に嫁いで3年になる清美といいます。旦那が実家の店を継ぐことになって山形にきました。もともとは埼玉で働いていたのですが、そこで旦那と出会って恋愛結婚。それを機に、旦那が実家を継ぐことになり旦那の実家で結婚生活を始めることにしました。旦那の実家は伝統的な鋳物の工芸品を作っているので、私の仕事は家事とその鋳物作りのお手伝いといった感じです。

山形ってあんまり目立つ県ではないと思うので、簡単に紹介しておくと東北地方にある新潟と福島の北、宮城の西、秋田の南っていえば伝わるかな?そんな微妙な位置にある県です。観光スポットといえば、やっぱり立石寺ですね。松尾芭蕉が「閑さや岩にしみいる蝉の声」という句を残したことで有名なスポットです。こちらに嫁入りした時に旦那と一緒にいきましたが、風情のある雰囲気でなかなかよかったですよ。さすがに俳句は浮かびませんでしたけどね(笑)

ちなみに、田舎なので車は生活必需品なわけですが、うちにも元々義父が持っていた車と、新婚祝いで買ったマツダのデミオがあります。デミオはまだ買って3年経ってるか経ってないかぐらいなので、まだまだ乗れるんですけど、義父の持っている車はなかなかオンボロなのでそろそろ売って新しい車にすればいいのになぁと思っています…。